本文へスキップ

電話でのお問い合わせは043-422-5101

〒284-0027 千葉県四街道市栗山1055番地

今月の活動HEADLINE

最近の生徒の活動の様子と今後の活動予定

12月14日
 国語の書写の授業の一環として、学年ごとの書き初め練習会を実施しました。1学年は「早春の旅」、2学年は「大志を抱け」、3学年は「理想の世界」が課題となっており、各文字のバランス、はねやはらいなどの書き方を手本で確認しながら、各自が真剣に書き初め練習を行いました。慣れない筆づかいのため字のバランスやかすれに苦労しながらも、それぞれ真剣に作品制作に向き合い、渾身の作品を書き上げていました。冬休み明けには校内書き初め展や部会の作品展もあるので、1人1人の素晴らしい作品が展示されることが楽しみです。



12月6日〜12月10日
 12月10日の世界人権デーに合わせて、生徒会主催のいじめ撲滅キャンペーンの取り組みを実施しました。本年度は「育てるな いじめの種 育てよう 笑顔の花」をスローガンとして、昼の放送などを利用したいじめについて考える啓発活動や各学級で1人1人の標語作りから始まったクラスのいじめ撲滅宣言の決定など、みんなが安心して過ごせる学校づくりに向けて考え、行動することを決定しました。これからも、お互いを理解し、大切にできる集団づくりを目指して活動していきます。


11月16日
 かんな祭(合唱コンクール)を体育館で実施しました。新型コロナウイルス感染予防のため、歌声をあわせる時間を十分にとることができない中、合唱練習が行われてきました。当日は学年別の開催となりましたが、 YouTubeLiveで発表の様子を発信しましたので、それぞれのクラスの発表をご鑑賞いただけたことと思います。今年は、3年2組考案のスローガン『響歌水月〜言葉にできない感動を〜』のもと、歌声で感動を届けようと各クラスが合唱を作り上げ、それぞれの思いを込めて体育館に歌声を響かせていました。★かんな祭の結果及び指揮者賞、伴奏者賞の受賞者は学校だより9号をご参照ください。【NEW】


11月9日
 千葉県警察本部生活安全部少年課北総地区少年センターによる非行防止教室を3学年の生徒を対象に実施しました。本年度もシンナー、合成麻薬、大麻などの薬物使用の害やSNSに関連した犯罪の問題についてお話をしていただきました。『薬物乱用』と『ネット犯罪』は、報道で目にすることもあるうえに、今回のお話で自分たちの身近にあるものとしてこれらの問題を感じられたようです。中学生もスマートフォンの所有やタブレット端末の利用機会が増え、SNS使用時のマナーや個人情報の取扱いについて学ぶことが大切になってきています。不用意に個人情報をネット上に掲載してしまうことでたくさんの人に迷惑がかかることなども再確認できました。一人ひとりに県警本部の作成したリーフレットを資料として配付しましたので、ご家庭でも話題にしていただければと思います。【NEW】



11月2日
  四街道市民文化祭児童・生徒作品展において、次の4名の皆さんが特別賞に輝きました。入賞おめでとうございます。生徒の作品を職員室前廊下に展示してございますので、ご来校の際は、是非とも作品をご覧になってください。
 市長賞 福田音緒さん(3−4) 家庭(布絵本)、舟木勇人さん(1−1) 技術(本立て)
 議長賞 高橋冴奈さん(3−5) 家庭(布絵本)、坂倉悠月さん(2−3) 書写(書写) 【NEW】

10月22日
 生徒会役員の任命式が行われ、次期役員が活動への決意を述べました。これから令和3年度後期の生徒会活動が本格的に始まります。各委員会の新委員長も決まり、委員会活動も11月に引き継ぎが行われます。四街道北中3つの宝を継承し、さらに新しい取組が展開されることが期待されます。※8日にはリモートでの立ち会い演説会、クラス別の生徒会役員選挙投票が実施されました。その様子も紹介いたします。


9月28・29日
 第2回定期テストを実施しました。授業で学んだ知識や技能をどれだけ身につけ、活用することができるかを確認するとともに、日頃の自分自身の学習を振り返り、次の学習に活かしていくための定期テストです。1年生も定期テストが2回目になるので、見通しを持って計画的にテスト勉強に取り組むことができたようです。10月4日からテスト返却が始まるので、解き直しをしっかりおこなって、実力をつけていきましょう。


9月15日
  印旛地区中学校英語発表会が志津コミュニティセンターで開催されました。2年2組のコウ ムニさんが立派なスピーチを披露し、スピーチの部において第3位に入賞しました。おめでとうございます!

9月13日
 緊急事態宣言の延長により、感染拡大予防のために日程を変更して学年別の分散登校や分散下校を実施しています。登下校時の密集・密接を避けるとともに、昇降口前での生徒一人ひとりへの検温や手指消毒を実施し健康面と衛生面での管理を実施しています。学習活動の面でも飛沫感染防止ガードの使用や対面活動の制限などをおこない、感染防止に努めています。【NEW】


7月1日
 3年生にとって最後の大会となる夏の総合体育大会、コンクールに向けて、「部活動壮行会」を実施しました。全校でのエールを贈る応援などはできませんでしたが、各部の部長から最後の大会に向けての決意発表があり、オンラインでしたが3年生に対しての1・2年生からの応援メッセージをスクリーンを通して贈ることができました。代表選手の皆さん、今までの練習の成果を発揮して最後の一瞬まで全力でプレー(演奏)してください。頑張れ四北中!【NEW】


6月4日
 1年間の生徒会の活動方針や具体的な活動などを全校で決める「生徒総会」がオンラインで行われました。本年度の生徒会の活動方針は、『3つの宝をSTEP UP!』〜全校生徒で輝く北中に〜です。@あいさつを守る、A無音速移動、黙働清掃の徹底、B姿勢をつくり、気持ちを揃える歌声活動、C周りに目を向け、自ら考え行動する の4つの取組の柱が決議されました。各委員会や部活動の目標や活動内容、予算、各クラスからの意見等も提案され、本年度の生徒会活動が全校で確認されました。生徒会活動はみなさん一人ひとりの日常の活動に支えられています。所属する委員会や部活動での活動をこれからさらに充実させていきましょう。


5月19日
 学校では、火災や地震などの様々な災害や危険を想定した避難訓練や安全指導を定期的に実施しています。今回は火災を想定した避難訓練を実施しました。当日は雨天のため1年生のみ体育館への避難を行い、学年全員で火災の際の行動について学びました。2・3年生には、各クラスの担任から避難行動の際の注意事項や避難経路、点呼の方法、火災発生時の対応など一人ひとりの命を守る行動について考えました。次回は地震を想定した避難訓練を実施する予定です。ご家庭でも緊急時の行動や連絡方法などについて対応を確認しておいていただければと思います。

4月8日
 新入生165名のみなさん、ご入学おめでとうございます。本日、第35回入学式を実施しました。コロナ禍のため、在校生は参加せず、家庭でオンライン配信による入学式の様子を観ました。校長先生や在校生代表の話を顔を上げてしっかりと聞く新入生の姿勢や一人一人の呼名の返事など大変立派でした。中学校生活への期待とともに不安なこともいろいろあると思いますが、先生方や先輩たちに四街道北中のことを教わりながら,一日の早く中学校生活、新しい環境に慣れて、たくさん新しい仲間を作っていきましょう。


3月30日
 令和2年度末定期人事異動により、16名の先生方がご退職・ご異動されることとなりました。生徒の自立と成長のために熱心にご指導いただいた先生方と最後にお別れのひとときを持つことができました。新天地での先生方のご活躍を皆でお祈りいたしております。今までありがとうございました。さようなら。(異動・退職職員はかんな臨時号をご参照ください。)


3月12日
 卒業生保護者、在校生代表生徒、教職員の列席の下、第34回卒業証書授与式を実施しました。式の様子をオンラインで配信することで、1・2年生にも自宅で式の様子を観ることができるようにしました。
 厳粛な雰囲気の中で式が始まり、立派な呼名の返事の後、卒業生一人ひとりに卒業証書が手渡されました。最後の卒業の歌「群青」の合唱では、仲間との別れの名残惜しさとともに自分たちの手で素晴らしい最後の合唱を創りあげたいという思いから、素晴らしい歌声が体育館に響いていました。170名の卒業生は、本日、卒業後のそれぞれの進路に向かって四街道北中学校を巣立っていきました。




3月4日
 卒業を迎える3年生に、在校生から感謝の気持ちを伝えるとともにひととき楽しんでもらおうと予餞会(卒業生を送る会)を実施しました。コロナ禍のため全校で体育館に集まって群読や合唱を贈ることはできませんでしたが、3年生には、共同制作のモザイクアートを披露したり、くす玉を贈ったり、メッセージビデオを観てもらうことで、在校生からの感謝の気持ちを感じてもらうことができました。1・2年生には、会場と教室をオンラインでつなぐことで3年生からのお礼や会場の様子を伝えることができました。短時間ではありましたが、3年生の卒業のはなむけのために心を込めて準備し創りあげた予餞会を贈ることができました。



2月18・19日
 本年度最後の第4回定期テストを1・2学年で実施しました。今回は6教科(国語、社会、数学、理科、英語、技術・家庭科)のテストを行いましたが、今までのテストの取り組みの反省をもとに、テスト計画の見直しや学習方法の改善、学習時間の確保など、それぞれが課題を持って定期テストに臨むことができました。定期テストは,学習内容の理解の確認はもちろんですが、より良い学習方法や学習習慣を身につけていくことも大きな目的です。今回の取り組みを振り返り、次年度の学習に活かしていきましょう。定期テストの結果は、3月4日(木)に各自に個票で返却します。ご家庭でも確認をお願いいたします。


1月28日
 2学年でスクールカウンセラーの並木桂先生を講師として「命の教育」講演会を開催しました。色水によるストレスの可視化実験やストレスの認知とともにストレス対処のためのセルフケアの方法など体験活動を通して学習することができました。講演会でのストレスマネジメントやストレスの認知とそれに対するセルフケアの学びを通して「普段聴くことのできないストレスについて,いろいろ知ることができた」「ストレスの対処法やストレスのとらえ方がわかったなど」生徒一人ひとりが「心の健康」について考える機会となりました。


12月21日
 1・2年期末保護者会にあわせて、吹奏楽部によるミニコンサート及び青葉学級による作業学習の作品頒布会を実施しました。吹奏楽部のミニコンサートは、天候にも恵まれ、昼休みにグラウンドでクリスマスソングを含む数曲を発表することができました。今回は生徒の皆さんだけでなく、保護者会にお見えになった保護者の方にも演奏をお聴かせすることができました。青葉学級の頒布会にもたくさんの方にお越しいただき、作品製作の一端を見ていただくとともに、作品を購入していただくことができました。


12月10日・11日
 書写の授業の一環として学年別書き初め練習会を実施しました。1学年は「古都の春」2学年は「新年の計画」3学年は「福寿草の花」が課題となっており、国語の時間に指導された文字のバランス、はねやはらいなどの書き方のポイントを手本で確認しながら,静かな雰囲気の中真剣に書き初めの練習をすることができました。冬休み明けには、校内の書き初め展や部会の書き初め展などもあります。一人一人が真剣に作品作りに向き合った、渾身の一枚が掲示されるのが楽しみです。


12月7日〜11日
 生徒会主催のいじめ撲滅キャンペーンを実施しました。本年度は「向けよう笑顔 深めよう理解」をスローガンに、いじめの起きない集団づくりのための相互理解を目的に各学級で「さいころトーキング」「ユニーク共通点探し」「いじめ撲滅の標語づくり」を実施しました。各クラスとも評議委員をリーダーとして、和やかな雰囲気の中交流活動を行い、友達への理解を深める活動ができました。作成したいじめ撲滅の標語は廊下に掲示して、考えを深めたりより良い集団づくりに活かしたりしていきます。


11月18日
 千葉県警察本部北総地区少年センター及び四街道警察署による非行防止教室を1学年で実施しました。本年度は主に「薬物乱用」と「ネット犯罪」について具体的な事例を挙げ丁寧に説明していただきました。SNSを使用する機会は増えてきており、それに伴ってネット犯罪に巻き込まれたり書き込みによるトラブルも増えてきています。今回の学習を通して、自分が犯罪やトラブルに巻き込まれたりたくさんの人たちに迷惑をかけてしまうおそれのあるSNSの使用について身近な問題として考えることができました。


10月21日
 かんな祭(合唱コンクール)を体育館で実施しました。新型コロナウイルス感染予防のため、向かい合わないようにしたり、一人一人の間隔を取り練習時間や換気に注意したりするなど、合唱練習も工夫して行われました。当日は学年別の開催となりましたが、 どの学年もできる限りの歌声を響かせられることができたのではないでしょうか。33組考案のスローガン『明鏡止水〜会場を静める歌声を〜』に見合った合唱をどのクラスも作り上げ、それぞれの思いを込めて体育館に合唱を響かせていました。




9月28日
 定期テストも終了し、10月5日の生徒会役員選挙に向けて、本格的に選挙運動が始まりました。正門での投票への呼びかけや各教室を回っての演説など各立候補者は応援者とともに四北中のリーダーになる意欲を持って精力的に活動しています。新役員には先輩たちの築いてくれた伝統を引き継ぐとともに生徒会活動に新しい風を吹き込んでくれることを期待したいと思います。


9月23日・24日
 第2回定期テストを実施しました。定期テストに向けての取組も、前回の反省を活かし家庭での学習内容や学習計画などで工夫が見られました。テスト結果から普段の学習を振り返り、学習内容の理解、技能や考え方が身につくようにこれからも充実した学習を目指していきましょう。★定期テストの結果は10月7日にお知らせします。


9月 5日
 天候にも恵まれ、半日開催ではありましたが体育祭を実施しました。「飛び散れ!五色の輝く火花」最高の大喝采を浴びるのは俺たちだ!をスローガンに、実行委員や応援団を中心に生徒主体の体育祭を開催することができました。ダンスや組体操などの集団演技の中止や恒例のムカデ競走の大縄跳びへの変更、各色の応援方法の変更などコロナウイルス感染予防に留意した方法での実施となりました。保護者や地域の皆様にも参観のご遠慮などご協力いただきありがとうございました。