四街道市の長期欠席児童生徒への対応


(1)

方針
 長期欠席児童生徒の状況を的確に把握し、長期欠席児童生徒の将来の社会的自立への支援、学校復帰への支援を行う。また、家庭・学校・関係機関等と連携協力し、長期欠席の解消に向けて積極的に取り組む。



(2)




対応
@ 教員対象「教育相談研修会」の実施
A 学校訪問を通しての実態把握と助言・援助
B 電話相談(指導課・青少年育成センター・学校教育相談室・スクールカウンセラー)
C 学校教育相談室「ルームよつば」での適応指導の充実
D 長期欠席児童生徒指導員の配置
E 各学校への月次資料の提示
F 家庭・学校・関係機関等との連携ネットワークによる支援







(3
)







学校における取り組み
@ 「心の居場所」「絆づくりの場」としての学校
・わかる授業の実施(学習する楽しさ、成就感)
・豊かな人間関係づくり(お互いのよさに気づく活動)
A 日常の教育相談活動の充実を図る。

・長欠対策会議を設置し、個々の的確な状況把握と対応の方針検討等を行う。
 
・学級担任、長欠担当教員、教育相談担当教員、生徒指導担当教員、養護教諭、スクールカウンセラー等 が連携を密にして対応にあたるなど、学校全体で取り組む体制づくりを進める。

B 保護者・関係機関等との連携

・保護者の思いや悩みを受け止め、共感的な理解に努める。定期的な相談が必要な場合には、継続的に相談活動を行っていく。
・個々の支援に対して必要な関係機関との連携を図り、チームで支援する体制づくりに努め る。


(4)

四街道市学校教育相談室(ルームよつば)について

学校教育相談室ルームよつばってどんなところ・・・?》
 四街道市学校教育相談室は、平成5年度に設置され、以来「適応指導教室」として、市内小中学校に在籍する児童生徒への心身の安定を図る場の提供、集団や社会への適応力向上を大きな目的として、運営してまいりました。
 その間、様々な理由により学校から遠ざかってしまっている四街道市市内の小・中学生のための援助を行ってきました。児童生徒にとっての心の安定を図るための「心の居場所」として、また社会的自立・学校への再登校の支援の場として、これからも運営を充実させていきたいと思っています。
《開室日や時間は・・・?》    
○月曜日 〜 金曜日  10:00〜14:30

(基本的には小・中学校と同じです。)

         日  課  表


10:00        来室・フリータイム
10:15〜11:00  学習タイムT・フリータイム

11:15〜12:00  学習タイムU・フリータイム
 ※個々の状況に応じ、本人の希望により実施(Vも同様)
12:00        昼食・昼休み
13:00〜13:30  集団活動
13:30〜13:45  清掃
13:45〜14:30  学習タイムV・フリータイム
14:30        日記・振り返り・帰宅

      
      ※毎週木曜日の午前中には軽運動の時間があります。
《どんな活動をしているの・・・?》
 ○集団活動(ゲーム等)
 ○学習や創作活動
 ○体験学習(デイキャンプや宿泊学習・調理実習等)
 ○軽スポーツ   など
《入室するための手続きは・・・?》
 ○まずはご連絡を。(学校・四街道市教育委員会指導課・学校教育相談室)
 ○見学・体験入室も随時受け付けています。
 ○正式な入室へは、学校に備え付けの「学校教育相談室通室相談書」にご記入の後、学校へ提出  してください。
 学校から指導課へ上記「相談書」の提出後、保護者の方へ連絡いたします。
※入室に関しては、まずご家族でよく話し合ってください。また学校とも十分な相談をよろしくお 願いいたします。
※保護者の希望と学校の同意があればいつでも入室できますが、事前に一度見学を兼ねて面談にい らしてください。
(5) お問い合わせ
○学校教育相談室ルームよつばに関するご質問
 指導課 п@424−8925 月〜金  8:30〜17:00
○長期欠席相談
 指導課 п@424−8925 月〜金  8:30〜17:00
 学校教育相談室ルームよつば п@422−8729 月〜金 10:00〜15:00
○いじめ相談・青少年相談・家庭教育相談

青少年育成センター

п@0120−423−006(フリーダイヤル)
п@423−0006 月〜金  9:00〜17:00
教育委員会トップページ
四街道市トップページ>

四街道市教育委員会 教育部指導課
〒284-0003 四街道市鹿渡2001-10 四街道市役所第二庁舎2F
Tel:043-424-8925/Fax:043-424-8923